人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで…〜:作者:葵抄・kupa

↓↓↓タップしてね↓↓↓

 

[人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで…〜]この作品との出会いは、無料配信で確か、数話か一巻程度読む機会があったのですが、読んだとたん、作品に飲み込まれまして、どっぷり、はまりました。

 

特に、最初の章である、雅子と洋平夫婦の回が特にエロくて、面白かったです。よく夫婦にありがちだとは思いますが、セックスレスになってはいるけど、平和に何不自由なく過ごしている。そんな中で、敬三夫婦が、突然、隣に越してきて、仲良くなってから食事会、飲み会を4人でして、「交姦」の提案をしてくる。

 

 

人間なんで、ついつい下心が出てくるとは思いますが、突然に「交姦」という提案はなかなか出来ません。正直、すごいとは思いますが、真似出来ません。下心全開で、オープンで、ある意味、ピュアな発言はうらやましいです。それから、二人ずつ交姦しあって、不倫という背徳心はあるけれども、ヤリマンの奈緒がうまく洋平とやりこんで、間近で、セックスを始めてしまっては、もう収拾がつかないですよ。洋平も言葉巧みに、少しずつ少しずつ、性感帯を責めて、焦らして焦らして、相手が欲しくなっているのを待っている。

 

↓↓↓タップしてね↓↓↓

 

さらに、自分のデカブツを見せて、驚かせると同時に、これがアソコの中に入ったらと、興味を待たせていく。最初の接見では、最後までしないところがたまりせん。女性だったら、中途半端にされたら尾を引き、悶々してしまいます。オナニーの一度や二度してしまうのが、サガでしょうね。
それを知ってか、敬三もタイミングよくオナニーの現場を見てしまうのがいやらしい。

 

もう術中にはまってしまっています。もう敬三の思うがままです。それから、急に敬三があそこを舐めてって展開。見ていて、ハラハラドキドキしていきます。少しずつ、言葉を選びながら、少し舐めてが根元までと大胆な発言になっていきます。まだまだ警戒心があるのを知ってか、奈緒と洋平も舐めあってるよという状況を伝えることで、あなたは悪くないよ、相手も同じことしているから大丈夫だよって、心理的にも訴えかけてくる。

 

 

敬三の凄さが分かります。また、幸いなことに、雅子というヒロインがセックスレスだけでなく、未開発な身体で、敬三の凄いテクニックで骨抜きになってしまうところがたまりせん。警戒心が強い人が急に、ふとした瞬間に心も身体もその人へ委ねていく様子は見ていて、興奮していきます。敬三がうらやましい。愛撫のテクニックで、骨抜きになって、頭が真っ白になっていく雅子。一回入れてしまえば、こっちの思うツボだと思っている敬三。

 

↓↓↓タップしてね↓↓↓

 

この攻防が面白い。そんな中、一回、デカブツを入れ込んでいき、本当に止めるなら、止めるし、二度とこんなことはしないと提案。愛撫のテクニックで、骨抜きになった身体で、さらにデカブツは一回入れている状態で、止めるって何なのーって感じですよね。敬三はずる賢いし、正直、ずるいなーって思います。そこで、雅子は、一回だけならっていう安心感から、止めないで、最後までと懇願してくる。かわいいです。うらやましいです。

 

もう敬三も溜まっているし、雅子も見たことも入れたこともないデカブツに逝かされてしまうのはしょうがないでしょう。お互いが同意の下で、堂々とセックス出来るって、開放感はたまらないでしょう。展開もそうなんですけど、画力もすごいですよね。めちゃくちゃいいです。とてつもなくエロいです。怯えて警戒心のある表情。徐々に心を開いていく表情、逝かされまくっている表情、恥じらいのある表情など描写が見事で、男性であるのに、女性、ヒロインになった気持ちで、どんどんエロくなっていきますし、自分が敬三になったようで、こいつも虜になったという優越感を感じてしまいます。

 

 

 

登場人物全員に言えるのですが、おっぱいやお尻と女性のラインを強調的に出されており、さらにカワイイのが最高です。雅子は敬三のセックスを機に、また、洋平も奈緒とのセックスを機に、夫婦間でもセックスをします。変な解釈してしまうんですが、変な隣の夫婦同士との交姦を機に、セックスレスが解消出来て良かったねっていう感じで、めでたしめでたし、そう思ったのですが、それは叶わず。もう百戦錬磨の敬三夫婦とのセックスを一度でも経験してしまったら、もう後戻り出来ませんよね。

 

↓↓↓タップしてね↓↓↓

 

夫婦とのセックスじゃ物足りなさが出ますよね。相手がどこが感じ、興奮して、気持ちいいのか分かっています。雅子は、敬三以外のセックス、デカブツじゃなきゃ満足出来ない身体になってしまったのです。洋平も奈緒のセックスじゃなきゃ満足出来なくなってしまいます。雅子も一回だけならっていう最初守ろうと決めた約束もタガが外れてしまい、携帯で呼び出しに応じ、敬三の命令通りにフェラをしたり、感じさせられたりと、従順になっていきます。最終的には、おねだりしてしまう展開で本当に逝きまくっているヒロイン雅子。

 

もう、うらやましい、自分もこうなりたいと思ってしまいます。この作品が常に上位で、人気があるのは、敬三が言葉巧みに奈緒と一緒になって登場してくるヒロイン達を虜にしていく様子を心理面も含めて、うまく描写出来ているのとヒロイン達のかわいさ。そして何より、誰もが持っている不倫という背徳心がいけないと分かっていても、こうありたいっていう願望を描写しているからだと思います。葵抄先生、kupa先生の今後の作品を楽しみにしています。

 

↓↓↓タップしてね↓↓↓

 

 

 

↓↓↓タップしてね↓↓↓

ホーム RSS購読 サイトマップ